前へ
次へ

自分で宿題をする楽しさを分からせる

共働きだとなかなか子供の様子をすべて把握できないときもあります。
子供は楽しかったことなどは話してくれますが、テストで良くない点数を取ったり、授業でわからないところがあるとしてもそれを言ってきたりしないかもしれません。
通知表の散々な成績を見て初めて知るときもあるでしょう。
一般的な公立の小学校では宿題が出されることが多いです。
親としては宿題の有無やきちんとしている科の把握をしてあげましょう。
勉強が好きでない子が自分から言ってくることは少ないので毎日必ず聞くようにします。
すると子供は宿題が大事でしていかないといけないことが分かるでしょう。
では宿題をどこでやらせるかですが、勉強好きでない子なら自分の勉強部屋で一人でやらせるのは難しいかもしれません。
親などから目が届くところでやらせてみましょう。
悩んでいそうなら見てあげてヒントを出して自分で解かせるようにします。
自分で解けるようになれば楽しくなり、自分からできるようになるかもしれません。

面倒な会計処理はソフト導入で簡略化
会計ソフト導入もお安くなっておりますので、お気軽にお問い合わせください

お父さん・お母さんの立場に立っておつくりしました
お子様に優しい安心素材でおつくりしました

複数の買取店の査定額を比較したい時は買取一括査定が便利です

Page Top